院長挨拶

医療法人福岡桜十字 院長

2020年10月1日より、桜十字福岡病院の病院長を拝命しました。これまでは副院長として、主にチーム医療・医療連携の強化に努めてまいりましたが、今後はさらに医療の質の向上を目指して、地域に貢献できる病院づくりを推進してまいります。

そのためにはまず、私自身がServant Leader(サーバントリーダー)として、職員と協力し合いながら成長していける組織をつくっていくことだと考えております。「城は人なり」という言葉にもあるように、特に医療現場ではひとり一人の力が合わさってこそ、よい医療につながります。

今、全世界はコロナウイルスという未曽有の敵と対峙しています。withコロナという新しい価値観で社会全体が変容していく中、地域医療を担っている私たち医療従事者は特に変化に敏感に対応していく必要があります。

私は2代目の病院長として、更に地域医療に貢献できるよう、5年先、10年先を見据えて医療人材を育成し、病院の発展に寄与していきたいと考えております。

桜十字福岡病院は、新しい時代に対応できる体制を整え、地域の皆さまに安心して医療・介護を受けていただけるよう努めてまいります。何卒これからもよろしくお願い申し上げます。

このページの先頭に戻る