定期巡回・随時対応型訪問介護看護

重度者を始めとした要介護者が、日中・夜間を通して訪問介護・訪問看護のサービスを一体的に受けることにより、住み慣れた自宅で在宅生活を送れるよう支援していきます。

対象となる方

  • 介護保険の要介護度1~5の認定を受けられた方で居宅での生活において日常生活を営むのに支障がある方
  • 訪問介護サービスと訪問看護サービスの利用頻度が多い方

※利用料は厚生労働大臣が定める基準のものとし、サービス単価の一割となります。(負担割合は利用者様ごとに異なる)

利用時間

営業:24時間・365日

訪問エリア

中央区全域

定期巡回サービスにおける自己評価および外部評価について

平成28年度は、以下の通りです。(評価日:平成29年7月25日)

I 構造評価

タイトル
項目番号
項目
自己評価
実施状況
コメント
で 
き 
て 
い 
る 
 
 
 
 
ほ 
ぼ 
で 
き 
て 
い 
る 
 
 
あ 
ま 
り 
で 
き 
て 
い 
な 
い 
全 
く 
で 
き 
て 
い 
な 
い 
 
(1)理念の明確化
サービスの特徴を踏まえた理念の明確化
1
当該サービスの特徴である「利用者等の在宅生活の継続」と「心身の機能の維持回復」を実現する為、事業所独自の理念を掲げている  
     
(2)適切な人材の育成
専門技術の向上の為の取組
2
管理者と職員は、当該サービスの特徴及び事業所の理念について、その内容を十分に認識している  
     
3
運営者は、専門技術の向上の為、職員を育成する為の具体的な仕組みの構築や、法人内外の研修を受ける機会等を確保している
       
4
管理者は、サービス提供時の職員の配置等を検討する際、職員の能力が最大限に発揮され、能力開発が促されるよう配慮している
     
介護職・看護職間の相互理解を深める為の機会の確保
5
介護職・看護職の間で、利用者等の特性・状況に係る相互の理解・認識の共有の為の機会が十分に確保されている  
     
(3)適切な組織体制の構築
組織マネジメントの取組
6
利用者等の特性に応じた柔軟なサービスを提供する為、最適かつ柔軟な人材配置(業務・シフトの工夫)を行っている    
  介護スタッフの人材不足が深刻である
介護・医療連携推進会議で得られた意見等の適切な反映
7
介護・医療連携推進会議を適時適切に開催すると共に、得られた要望、助言等を、サービスの提供等に適切に反映させている    
 
(4)適切な情報提供・共有の為の基盤整備
利用者等の状況に係る情報の随時更新・共有の為の環境整備
8
利用者等の状況について、(個人情報管理に配慮した上で)必要に応じて関係者間で迅速に共有できるよう工夫されている  
     
(5)安全管理の徹底
職員の安全管理
9
サービス提供に係る職員の安全確保や災害時の緊急体制の構築等の為、事業所においてその具体的な対策が講じられている
       
利用者等に係る安全管理
10
事業所において、利用者等に係る個人情報の適切な取扱と保護についての具体的な工夫が講じられているとともに、管理者や職員において共有されている  
     

II 過程評価

1.利用者等の特性・変化に応じた専門的なサービス提供
(1)利用者等の状況把握及びアセスメントに基づく計画の作成
利用者等の24時間の暮らし全体に着目した、介護・看護両面からのアセスメントの実施
11
利用者等の一日の生活リズムに着目したアセスメントが提案されている  
     
12 介護・看護の両面からのアセスメントが適切に実施され、両者の共有、つき合わせ等が行われている  
     
利用者の心身の機能の維持回復や在宅生活の継続に軸足を置いた「未来志向型」の計画の作成 13 利用者の心身機能の維持回復に軸足を置いた計画の作成が志向されて
いる
 
     
14 重度化しても医療依存度を高め過ぎないよう、利用者の今後の変化を予測し、先を見越した適切なリスク管理を実現する為の「未来志向型」の計画の作成が志向されている  
     
(2)利用者等の状況変化への柔軟な対応と計画の見直し
計画上のサービス提供日時に限定されない必要に応じた柔軟な定期巡回サービスの提供
15
計画上のサービス提供日時以外であっても、利用者等の状況に変化が生じた場合は、必要に応じて新たに定期巡回・随時対応サービスの提供日時を設定するなど、柔軟な運営に努めている  
     
継続したモニタリングを通じた利用者等の状況変化の早期把握と計画への適宜反映
16
サービス提供を通じた継続的なモニタリングによる、利用者等の状況変化の早期把握と計画への適宜反映が行われている  
     
(3)介護職・看護職の協働による一体的なサービスの提供
介護職と看護職の相互の専門性を生かした柔軟なサービスの提供
17
より効率的な・効果的なサービス提供を実現する為、介護職・看護職のそれぞれの専門性を活かした役割分担が行われている  
     
看護職によるサービス提供に関する指導・助言
18
看護職から介護職に対し、疾病予防・病状の予後予測・心身の機能の維持回復などの観点から、指導・助言が行われている
       
(4)利用者等との情報及び意識の共有
利用者等に対する当該サービスの趣旨及び特徴等についての十分な情報提供
19
サービスの開始前に、利用者等に本サービスが「利用者等の在宅生活の継続」と「心身の機能の維持回復」を実現する為のサービスであり、訪問サービスは、その趣旨に沿って行われるアセスメントに基づき提供されることについて、十分な情報提供・説明が行われている  
     
利用者等との目標及び計画の共有と、適時適切な情報の提供
20
作成した計画の目標及びその内容について、利用者等に十分な説明を行うなど、共通の認識を得る為の努力がされている  
     
21
利用者の状況の変化や、それに伴うサービス提供の変化等について、家族等への適時・適切な報告・相談等が行われている  
     
2.多職種連携に基づいた包括的・継続的マネジメント
(1)共同ケアマネジメントの実践
利用者等の状況の変化についての、ケアマネジャーとの適切な情報共有及びケアプランへの積極的な提案
22
ケアマネジャーとの間で、利用者へのサービス提供状況、心身の機能の変化、周辺環境の変化等に係る情報が共有され、サービスの提供日時等が共同で決められている  
     

23

計画の目標達成の為に、必要に応じてケアプランへの積極的な提案(地域内のフォーマル・インフォーマルサービスの活用等を含む)が行われている  
     
定期的なアセスメント結果や目標の達成状況等に関する多職種への積極的な情報提供
24
サービス担当者会議等の場を通じて、利用者等の状況や計画目標の達成状況について、多職種への情報提供が行われている  
     
(2)多職種連携を通じた包括的・継続的マネジメントへの貢献
利用者の在宅生活の継続に必要となる、利用者等に対する包括的なサポートについての多職種による検討
25
利用者の在宅生活の継続に必要となる包括的なサポート(保険外サービス・インフォーマルケア等の活用を含む)について、必要に応じて多職種による検討が行われている  
     

26

病院・施設への入院・入所、及び病院・施設からの退院・退所の際などに、切れ目のない介護・看護サービスを提供する為に、必要に応じて多職種による検討や情報の共有が行われている  
     
多職種による効果的な役割分担及び連携に係る検討と必要に応じた関係者等への積極的な提案
27
地域における利用者の在宅生活の継続に必要となる包括的なサポート体制を構築する為、多職種による効果的な役割分担や連携方策等について検討し、共有がされている  
     
3.誰でも安心して暮らせるまちづくりへの参画
(1)地域への積極的な情報発信及び提案
介護・医療連携推進会議の記録や、サービスの概要及び効果等の地域に向けた積極的な情報の発信
28
介護・医療連携推進会議の記録について、誰でも見ることのできるような方法での情報発信が迅速に行われている  
   
29 当該サービスの概要や効果等についての地域における正しい理解を広める為、積極的な広報周知が行われている  
 
(2)まちづくりへの参画
行政の地域包括ケアシステム構築に係る方針や計画の理解
30
行政が介護保険事業計画等で掲げている、地域包括ケアシステムの構築方針や計画の内容等について十分に理解している  
     
サービス提供における地域への展開 31 サービスの提供エリアについて、特定の建物等に限定せず地域へ広く展開していくことが志向されている  
     
安心して暮らせるまちづくりに向けた積極的な課題提起・改善策の提案等 32 当該サービスの提供等を通じて得た情報や知見、多様な関係者とのネットワーク等を活用し、介護・看護の観点からまちづくりに係る問題認識を広い関係者間で共有し、必要に応じて具体的な課題提起・改善策の提案等(保険外サービスやインフォーマルサービスの開発・活用等)が行われている    
  介護・医療連携推進会議以外の情報共有の場がない。

III 結果評価

サービス導入後の利用者の変化
33
サービス導入後の利用者の変化  
     
在宅生活の継続に対する安心感
34
サービスの導入により、利用者等において在宅生活の継続に対する安心感が得られている
       

 

自己評価に基づいた外部評価欄

●人員不足が課題との事ですが、どこの事業所も同じ悩みを抱えています。今後も利用者様の為にサービスを継続していけるよう人員確保に努めていただきたい。(福岡市 高齢者サービス支援課)

●日頃から桜十字福岡病院には地域行事等で貢献していただいているので、地域としても事業所のPRなどは積極的に協力したいと思っています。地域行事の時などを利用してどんどんPRを行い、これからも地域の為に貢献して頂きたい。(某校区自治会・民生委員)

昨年の評価内容はこちら>

このページの先頭に戻る