取り組み

レ・ハビリス桜十字では、近隣の地域との積極的な交流や、月曜日から金曜日まで様々なレクリエーションを取り入れています。

他の利用者さまとのレクリエーションや、小学校の施設訪問、山笠見学や神社のお祭りを通して地域の方々と触れ合い、心身共にはりのある生活を送っていただくことで、「その人らしい生活が送れる環境」づくりを目指しています。

地域交流

住吉小学校の施設訪問

住吉小学校3年1組が「総合的な学習の時間」という授業の一貫で施設を訪問していただきました。
ご利用者さまと子供達が世代を超えた交流を深めることによって地域に暮らす人々の生活を知りコミュニケーションを通じての地域社会の支え合いや助け合いを目的として進められています。

山笠見学

博多を代表する「博多祇園山笠」。その本番当日に向け、盛り上がりを見せる博多の町を楽しみながらお散歩して頂いています。
豪華な飾り山(静の山笠)を見ながら、昔の博多の町やお祭りの様子に思いを巡らして普段とは違った日常を感じて頂くことができます。

住吉神社のお祭り

施設から徒歩5分の距離にある住吉神社。
千年以上の歴史があり様々な神事が執り行われており、お参りを兼ねて見学をしにいっています。
神事についての歴史・内容・願いなどを見学をしながらご説明いたしますので、四季折々の神事をより深く楽しんで頂いています。

レクリエーション

他の利用者さまと触れ合いはりのある生活を送って頂くために、月曜日から金曜日までレクリエーションを行っています。

  • 近隣の散歩

    散歩では、季節の移り変わりや都会独自の変化を感じて頂けます。
  • カレンダー制作

    カレンダー制作では、集中力が持続し充実した時間を過ごして頂けます。
  • 風船バレー

    風船バレーでは、楽しみながらレクリエーションを行うことによって片手しか使わなかった患者さまが両手を使うようになりました。

このページの先頭に戻る