禁煙外来

治療の流れ

患者さまに合わせた治療を実施

禁煙外来ではおよそ以下のような流れで治療が実施されます(以下は保険治療の一例)。

治療の流れイメージ図
  • 初回

    初診時の問診では、治療法の説明の他、ニコチン依存度、喫煙の状況、禁煙の関心度などがチェックされます。また、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定、禁煙開始日の決定と「禁煙誓約書」へのサイン、次回診療日の決定を行い.治療のための禁煙補助薬の処方を受けます。

  • 2回目

    初回から2週目に再診し、喫煙状況の問診を受けます。呼気中の一酸化炭素の測定を行い、禁煙補助薬の追加処方を受けます。

  • 3回目、4回目

    4週目、8週目の再診でも、呼気中の一酸化炭素の測定とともに、出現した離脱症状の確認や対処法などのカウンセリングや治療を受けます。

  • 5回目

    12週目の再診が最終回、治療終了です。禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続するためのコツを理解します。

※保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は3か月です。

禁煙治療の保険適用について

2006年4月から、一部の施設で禁煙治療が保険適用となりました。下の4条件をすべて満たして医師が必要と認めた場合、一定期間の禁煙治療の受診に保険が使えます(外来治療のみ)。

  1. 「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存についてのスクリーニングテスト(TDS*)の結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断
  2. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
  3. 直ちに禁煙することを希望
  4. 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文書により同意

※保険適用の条件には施設の基準もありますので、受診する施設(病院やクリニックなど)が保険診療を行っているかどうかを確かめましょう。なお、保険適用外でも禁煙治療は受けられます。

*TDS(Tobacco Dependence Screener):
保険適用となる対象患者選定のためのニコチン依存症のスクリーニングテスト

(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。上記の日本語の質問票は、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科のホームページより引用。一部の表記については、開発者の了解を得て改変。日本循環器学会,日本肺癌学会,日本肺学会,日本呼吸器学会:禁煙治療のための標準手順書第4版(2010年4月)

PDFをダウンロードしてチェックし、受診時に持参しましょう。
ニコチン依存症のスクリーニングテスト(PDF 24kb)

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe Reader®が必要です。

このページの先頭に戻る