漢方外来

「病院に通っても一向によくならない」「なんとなく身体の調子が悪い」「薬の副作用に不安を感じている」といったことはありませんか?
漢方は、身体に優しく副作用が少ないのはもちろん、体質を変えることで病気になりにくい身体をつくることが可能です。漢方内科では、患者さまの体質や症状から病気の全体像をとらえ、新陳代謝と自然治癒力などを用いた体全体へのアプローチを行います。原因のはっきりしない体の不調や、冷え症、更年期などでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

漢方イメージ

漢方に適した疾患

漢方治療は、次のような事例に該当する方に適応いたします。

  1. 複数の病態が混在し、多剤服用を余儀なくされている場合
  2. 副作用などで西洋医学の治療方法が適応困難な場合
  3. 原因の分からない疾患や病態が明らかでない場合
  4. 原因の病態が分かっていても治療方法が確立していない場合

漢方に適した症状

具体的には次の疾患・症状に対して漢方薬単独で効果のある場合や、西洋医学と併用することにより相乗効果や補完的効果が期待される場合があります。

  • 頭痛/不眠症/神経症/自律神経失調症/眩暈
  • 白内障/緑内障/眼精疲労/花粉症/副鼻腔炎/蓄膿症/アレルギー性鼻炎/口内炎/中耳炎
  • 風邪/扁桃肥大/喘息/慢性気管支炎/小児喘息
  • 病気高血圧/狭心症/動悸/息切れ/不整脈
  • 慢性胃炎/胃潰瘍/便秘/下痢/過敏性大腸炎/夜尿症/頻尿/慢性膀胱炎
  • 慢性肝炎/慢性腎炎/蛋白尿
  • アトピー性皮膚炎/ニキビ/肌荒れ/シミ/乾癬/じん麻疹
  • 腰痛/神経痛/慢性関節リウマチ/膝関節痛/五十肩
  • 不妊症/冷え性/子宮筋腫/子宮内膜症
  • 更年期障害/虚弱体質/むくみ/高脂血症/肩こり/骨粗鬆症

漢方専門医のご紹介

木村豪雄

木村 豪雄

専門
内科一般/東洋医学/脳神経外科 医学博士/元 日本脳神経外科学会 専門医/日本東洋医学会漢方専門医・指導医/福岡大学医学部 臨床教授
経歴
福岡大学大学院医学系研究科修了
元麻生飯塚病院東洋医学センター診療部長
前ももち東洋クリニック 院長

漢方専門医とは

漢方イメージ

漢方専門医とは、西洋医学を十分に理解し、内科、外科をはじめ小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻科、精神科など西洋医学の専門分野を持った上で漢方医学についても修得した医師です。漢方では同じ症状、例えそれが西洋医学では同じ病気でも、一人ひとりの状態によって用いる薬が異なります。そのため漢方専門医は、皆さん一人ひとりの身体を漢方医学的に診察し、皆さんの症状や体質に合った漢方薬を処方するとともに、体調を整えるために必要な養生法についても指導します。

漢方専門医の診察風景を簡単に紹介してみましょう。まずは「望診」という診察です。あなたの全身をみて、顔色や姿、立ち振る舞い、皮膚の状態などをみます。その後「問診」に移り、症状はもちろんのこと必ずあなたの体質について聞きます。例えば、暑がりか、寒がりか、疲れやすいか、汗をよくかくか、便の状態はどうか、イライラしたり落ち込んだりするかなど、多岐にわたります。その際、声の調子や話し方にも関心を払う「聞診」という技術も用います。そして漢方独特の診察をします。まず「舌診」で舌の色や形、苔などをみ、次に「脈診」で両腕の脈をみて、さらに「腹診」でお腹を丁寧に診察します。

こうした漢方医学独特の診療を行って、皆さん一人ひとりの今の状態にどの漢方薬が最も適切かを見極めます。あらゆる具合の悪さや病気で悩み苦しむ方々に、現代医学とは異なる方法で、症状の改善もしくは治癒を目指す最適な漢方治療を提供します。これが日本東洋医学会の漢方専門医です。

このページの先頭に戻る