病床の種類

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

急性期疾患後の患者さまが社会復帰にむけて継続してリハビリを行う病棟です。
各専門職が集まってプログラムを作成し、発症早期から集中的にリハビリ訓練室だけではなく、病棟内・ベッドサイド、屋外など、多様な場面にリハビリテーションを行います。

入院可能な患者さまとその期間

150日以内*
脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)になってから2ヶ月以内、または脳卒中に関連した手術をしてから2ヶ月以内
90日以内
ふとももの骨や、背骨の骨折から2ヶ月以内
90日以内
外科手術をしてから2ヶ月以内。肺炎になってから2ヶ月以内
60日以内
ひざなどの靱帯損傷を起こしてから1ヶ月以内

*重症で改善の可能性がある場合は180日以内

障害者施設等一般病棟

障害者施設等一般病棟とは

脳卒中や骨折、その他の疾患による重度の肢体不自由者で、リハビリテーションが必要な状態にある方や神経難病を有する方、その他の医療行為がある方を一定期間お受入をします。

入院可能な患者さま

  • 重度の肢体不自由者(脳卒中の後遺症及び認知症を除く)
  • 脊髄損傷等の重度障害者(脳卒中の後遺症及び認知症を除く)
  • 重度の意識障害
  • 筋ジストロフィー
  • 神経難病等

入院に関するご相談は

医療法人福岡桜十字 桜十字福岡病院 <地域医療連携室>

092-791-1130

受付時間 土曜を除く平日 8:30~17:30まで 休診日:土・日・祝日

このページの先頭に戻る