国土交通省協力指定事業

短期入院制度とは

自動車事故により重度の後遺障害を受けられた方と、介護されているご家族が安心して在宅療養ができるよう、入院される際にかかる費用の助成を行う制度です。

短期入院協力病院とは

自動車事故により、重度後遺障害者となった方々の短期入院を積極的に受け入れる病院のことです。

短期入院の実績病院のご案内

1. ご入院対象者
介護料の「特1種」及び「1種」の受給者
2. ご入院期間

一回のご入院は2週間程度です。(最終的には医師の判断によります)

  • 1年間で30日までご入院可能です。
  • ご入院とご入院の間は3ヵ月以上の在宅期間をおいて頂いています。
参考画像
3. ご入院の内容
  • 医師による診査・検査
  • 医療行為又は経過観察
  • 患者家族への在宅介護技術(病状観察法、入浴法、食事法等)の指導・アドバイス
4. ご入院に要する費用の助成
  • ご入院患者さまの実費負担分のうち患者移送費(タクシー代)と室料差額と食事負担金について、自動車事故対策機構の介護料請求時に別枠で助成されます。(ご入院日数×1万円の範囲内。 *1日当たり1万円を超えても可)
  • 詳しくは、独立行政法人自動車事故対策機構にお問い合わせください。
5. 申し込み
(お問い合わせ)
  • 当院の地域医療連携室に、直接ご連絡ください。

このページの先頭に戻る