患者さまの権利とお願い

診療を行う上では、患者さま・ご家族の皆さまと医療者がお互いを信頼し、尊重しあうパートナーシップ(対等な関係)を結ぶことがとても重要です。
すべての患者さまには、良質で適切な医療を受ける権利があります。それと同時に、私たち医療従事者が安全で適切な医療を行うためには、患者さまにも守っていただかなければならないお願いがございます。
私たちは「患者さまの権利の尊重」、「説明と同意(インフォームドコンセント)」、「情報の開示」、「セカンドオピニオン」、「医療の安全確保」について十分に理解していただくように努め、最善の治療を行えるよう日々努力しています。

患者さまの権利

  • 1. 良質な医療を受ける権利

    患者さまは、どなたでも平等に良質な医療を受ける権利があります。

  • 2. 自己決定と選択の権利

    患者さまは、十分な説明と情報提供を受けた上で、ご自身の意思で治療方法を選択したり、他の医療機関を選択する権利があります。
    また、患者さまは治療に参加する権利があります。

  • 3. 説明を受ける権利

    患者さまは、病気の内容やその治療、検査などについて納得できるまで十分な説明を受ける権利があります。
    また、ご自身の診療録の開示を求める権利があります。

  • 4. 個人のプライバシーが守られる権利

    患者さまは、診療上得られた医療情報や個人情報などのプライバシーを保護される権利があります。

  • 5. 尊厳を得る権利

    患者さまは、いかなる状態にあっても人格が尊重され尊厳を得る権利があります。

患者さまへのお願い

  1. 良質な医療を実現するために、患者さまご自身の健康に関する情報を出来る限り正確にお伝えください。
  2. 医療上理解できないことについては納得できるまで質問してください。
  3. すべての患者さまが適切な医療を受けられるために、他の患者さまの迷惑にならないようご協力ください。

このページの先頭に戻る